アロベビーUV&アウトドアミストの口コミ~アロベビーの日焼け止め、虫よけ対策もできるアウトドアミスト


アロベビーUV&アウトドアミストはあせものある赤ちゃんの肌にも使える?!

赤ちゃんはとても汗っかき。赤ちゃんの小さな体には大人と同じ数の汗腺があります。大人は汗をかいたら自分で汗を拭けますが、赤ちゃんは自分で汗を拭くことができません。

そのため、赤ちゃんは夏の暑い時期になると首や背中、お尻など蒸れやすい場所にあせもができやすくなります。

首やわきなどにあせもができているとき、日焼け止めや虫よけは使ってもよいのでしょうか?見ていきましょう。

>>とりあえずアロベビーUV&アウトドアミストを見てみる

肌にトラブルがあるときは強い日差しは避けよう

あせもや肌荒れ、肌に炎症が起きているときは強い日差し、紫外線は避けたほうが良いです。

紫外線は肌を赤くさせたり、ひどいときはやけどのようになり水ぶくれができてしまうこともあります。そして何より、紫外線は肌のトラブルを悪化させてしまいます。

肌が荒れていたり、あせもなどができている場合は、長袖やUVカットの加工されている服を着るなどして紫外線に当たらないようにしましょう。

日傘や帽子、UVカット加工されているブランケットなども効果的です。

post-asemo

あせもなどの炎症が起きている時はどうする?!

首などにあせもができている場合、日傘やUVカット加工されている服などを着て紫外線対策するようにしましょう。

そして、肌が外に出てしまうようであれば刺激の低い日焼け止めでも紫外線対策をしてあげてください。

赤ちゃんの日焼け止めをまずは少量塗って様子を見てあげてください。もししみたり、痛がったりするようであればすぐに洗い流してあげてくださいね。

アロベビーのUV&アウトドアミストはお湯で簡単に流すことができます。成分もシンプルで赤ちゃん用に低刺激に作られています。

一番避けたいのは、あせもなど肌の炎症ができている部分をそのまま何もせず紫外線にさらしてしまうことです。肌トラブルが悪化してしまう可能性があるので、紫外線対策は必要です。

日焼け止めを付けた場合は、お出かけから帰ったら、シャワーなどで汗や日焼け止めを流してあげてくださいね。



 - アロベビーUV&アウトドアミストについて ,